ゴーギャン ゴッホ。 美術手帖

作品に見るゴッホの耳切り事件の顛末と解説

ゴッホ ゴーギャン

♨ そして、確実に自分のものとして取り入れるべく、バラやキク、グラジオラスなど、あらゆる花の絵の制作を通して試行錯誤を繰り返すようになった。 これを最後に、ゴッホはひまわりを描くことをふっつりとやめてしまう。

【アート解説】ゴッホの影響を受けた!?ゴーギャンの「ひまわり」とは!?

ゴッホ ゴーギャン

☣ 最後に描かれた4枚目こそ、ロンドン版の《ひまわり》だった。

5

美術手帖

ゴッホ ゴーギャン

☕ 『ポール・ゴーギャン(赤いベレー帽の男)』1888年。

ポール・ゴーギャン

ゴッホ ゴーギャン

👣 フィンセント・ファン・ゴッホ 麦わら帽子を被った自画像 1887 メトロポリタン美術館蔵 ゴッホと「花」モチーフ 1886年2月、パリに出てきたゴッホは、花を題材にした静物画を集中的に描き始める。 ゴッホはロンドン版をもとに、3枚の「ひまわり」を制作するが、結局それらをゴーギャンのもとに送ることはなかった。

13

ポール・ゴーギャン

ゴッホ ゴーギャン

😋 同年3月、画商が自分の画廊でゴーギャンの作品を展示したが、この時は2人は取引関係の合意には至らなかった。 ポスト印象派を中心とした芸術家達のコミュニティーを作ることを計画していたこともあり、他の画家たちとの交流はゴッホにとって数少ない希望であったはずですが、共同体の計画も頓挫、ゴーギャンとも訣別してしまったことで、ゴッホは孤独の海に沈むのです。

ゴッホとゴーギャンはなぜ共同生活をし、そして破綻したのか

ゴッホ ゴーギャン

☏ しかし、花の時期が過ぎてしまったために、当初の予定に対し、実際に描きあげられたのは4枚だけ。

12

【教養を深める】ポール・ゴーギャンの壮絶な画家人生

ゴッホ ゴーギャン

💔 この当時に生涯まったく売れなかったゴッホの作品に注目が集まりました。 『十字架のキリスト』という、50センチメートルほどの円柱状の木の彫刻を仕上げているが、ブルターニュ地方のキリスト教彫刻の影響を受けたものと思われる。

『ゴッホ耳切り事件』とは?自身の耳を切断した理由やゴーギャンとの関係

ゴッホ ゴーギャン

💔 初めの頃、この家にはポルノ写真を見ようと多くの地元住民が詰めかけた。

6