責任 という 虚構。 『責任という虚構』

責任という虚構 小坂井敏晶|RKTimbitsのお勉強ノート|note

という 虚構 責任

👏 ものを考える際の最大の敵は常識という名の偏見だ。 )個人資質を原因として犯罪行為可能性が高まるにつれ責任は逆に減少する。

18

責任という虚構 小坂井敏晶|RKTimbitsのお勉強ノート|note

という 虚構 責任

🤚 武士の社会では、とくに戦闘状態では、殺人は「善」なのだから、殺人が普遍的な悪とはいえない。 私自身、犯罪を「意図した行為」として把握することには、全面的な納得はできないので、「虚構としての責任」「虚構としての主体性」を軸に考えることに異論はない。

10

『責任という虚構』

という 虚構 責任

🙌 貧困削減とは何か。

7

小坂井敏晶 「責任という虚構」

という 虚構 責任

⌛ 順序が逆転しているわけだ。 「人間や責任はどうであるか?」という記述的態度が貫かれる。

19

責任という虚構(読書感想文もどき) 責任という現象の構造・意味は何か

という 虚構 責任

😛 小坂井氏は、自由意思論を次々と批判していくのだが、では決定論の立場に断ち切っているわけでもないようだ。 個人の意思を超えたところで 集団行為が自己運動を展開しており、冤罪は意図的に仕組まれる逸脱行為・事件ではない。 責任はどうあるべきかという問いから逃げたのではない。

13

小坂井敏晶『増補 責任という虚構』(ちくま学芸文庫,2020年)を読む

という 虚構 責任

😝 誰かがこの本を本屋で手に取るとき,おそらくだれもがその題名に目を引かれたからだと答えるだろう。 しかしこの考えでは、我々が他人のすることについて、当人の証言を待たず、もちろんその人の心の中を覗き込むこともせずに、「行為」と「行為ならぬもの」の区別を迷わずつけているのはなぜなのかが、説明できない。

20

主体・責任を考える 小坂井敏晶「責任という虚構」をを読む

という 虚構 責任

🙄 See, H. そう責められるから、自分が悪いことをやったんだ、と思うしかない。 では犯罪とは何か。 けれども脳神経生理学の実験によれば、まず手の運動を起こす指令が脳波に生じてしばらく時間が経過した後で意志が生じる、そしてまた少し経ってから手が実際に動く、というそうだ。

4