出口 康夫。 哲学専修 « 京都大学大学院文学研究科・文学部

【第3弾】対談シリーズ「立ち止まって、考える」広井良典×出口康夫【後編】

康夫 出口

🤐 今、必要な「人文学」 無料オンライン講義「立ち止まって、考える」。 Does a Table Have Buddha-Nature? 日本はちょっと微妙なポジションで、ここがまた面白いと言えば面白いです。

哲学がないと人類は生き残れない!? 社会を支えて変える「ことば」や「ものの考え方」

康夫 出口

☮ 共編 [ ]• この本の後半では、真理と善と美の一致ということが繰り返し書かれているのですが、高校生の僕は、それを前提として受け入れれば、この本に書いてあることは、なんだか単純な話だなと思ってしまった記憶があります。 「クラシックかつアバンギャルド!」これぞ、本専修のモットーである。

1

人間の「かけがえなさ」の本質は「できないこと」と見つけたり

康夫 出口

😈 とりあえず読むべき「入門書」だと聞いて読みました。 』戸田山和久、美濃正共編 大隅書店 2012• こうした東アジアの思想の特徴は、「あれかこれか」の二項対立を越えた物事のあり方を志向しているところです。

デジタル上に再現された“私”が私を変える、京大とNTTが共同研究

康夫 出口

💔 出口 きれいに出ていますね。 最初は、本当にちんぷんかんぷん。

18

哲学がないと人類は生き残れない!? 社会を支えて変える「ことば」や「ものの考え方」

康夫 出口

💓 そうやって、昔のアジアの思想や、近代日本の哲学が汲み取ろうとしてきたものの考え方を、現代でも使えるような仕方で、汲み取り直してみたいと思っています。 このような論理は、日本語では「矛盾許容型論理」と訳されていますが、それをベースに、1970年代後半からは、矛盾を認める「真矛盾主義」という哲学的な主張も展開されるようになっています。 ただし、今回の方が、はるかに根が深い。

20

スタッフ

康夫 出口

⚡ 1996年「超越論的実在論の試み-批判期存在論の検討をつうじて」で。

17