影絵 の 森 美術館。 藤城清治の世界「影絵の森美術館」と絶景を楽しめる昇仙峡

藤城清治の世界「影絵の森美術館」と絶景を楽しめる昇仙峡

森 美術館 の 影絵

✋ が、これらはいずれも復刻作品で、現代の木版画技術で当時の彩色そのままに蘇ったものだ。

静かな森の美術館

森 美術館 の 影絵

👏 この大自然が、この好アクセスな場所に広がっているのは、確かに 日本全国でも珍しい! そんな昇仙峡エリアにある美術館を設計監修し、作品を多数展示している影絵の巨匠がいます。

13

2021年 昇仙峡影絵の森美術館

森 美術館 の 影絵

⌚ この影絵の森美術館では、藤城氏の所蔵作品の中から不定期に入れ替えをし53点を展示。 。 ) ・山中湖花の都公園 ・マルス山梨ワイナリー(当面の間、ご利用いただけません。

2

藤城清治の世界「影絵の森美術館」と絶景を楽しめる昇仙峡

森 美術館 の 影絵

😙 戦後、慶應義塾大学に復学した藤城清治氏は、講師の小澤愛圀によって影絵芝居を知り、人形と影絵の劇団「ジュヌ・パントル」を結成。

3

藤城清治の世界「影絵の森美術館」と絶景を楽しめる昇仙峡

森 美術館 の 影絵

♨ 静かな音楽が流れ、次の瞬間、光とファンタジーの世界が一気に浮かび上がります。 戦後復学した大学時代にジャワの影絵と出会い、 影絵の世界に心奪われ、影絵制作を開始。

7

藤城清治の世界「影絵の森美術館」と絶景を楽しめる昇仙峡

森 美術館 の 影絵

🖐 影絵の展示室は地下にあり、中に一歩足を踏み入れると、そこは真っ暗。 事前申込• また、日本のゴッホと呼ばれる「山下清」の作品30点以上、大正浪漫の天才画家「竹久夢二」の作品25点も常設展示しています。 地下に展示物がある美術館は珍しいように思えますが、作品をより美しく鑑賞するために、自然光が入らない地下室に展示してあると言います。

5

静かな森の美術館

森 美術館 の 影絵

⚓ 仙波均平に水彩画や油絵の指導を受け、慶應の高校時代には、ピカソやマティスなどのモダニズム絵画に憧れます。 このように影絵の森美術館は、影絵だけでなく、年1回の企画展示も含め多様な作品に触れることのできる美術館で、静かな環境に囲まれ、ゆっくりと落ち着いて芸術を堪能できます。

17

藤城清治の世界「影絵の森美術館」と絶景を楽しめる昇仙峡

森 美術館 の 影絵

😒 やりなおしてください。

14