Gs アライアンス。 世界初!100%土に還る、究極のエシカルチップを10月12日に発売 ~環境に優しいオシャレという選択~|GSアライアンス株式会社のプレスリリース

世界初!100%土に還る、究極のエシカルチップを10月12日に発売 ~環境に優しいオシャレという選択~|GSアライアンス株式会社のプレスリリース

アライアンス gs

🤔 今後、UNOPSのGlobal Innovation ProgrammeとSony Startup Acceleration Programの育成プログラムの支援を得られることになります。 WIPOによるSDGsへの貢献 WIPOは、国連の専門機関として、知的財産の活用を通じ、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)への貢献を目指しています。 たとえば、電子機器の筐体や、多くの人が触れるATMのタッチパネルに貼付するフィルム等に適用可能です。

12

世界初!100%土に還る、究極のエシカルチップを10月12日に発売 ~環境に優しいオシャレという選択~|GSアライアンス株式会社のプレスリリース

アライアンス gs

☮ 一般社団法人日本知的財産協会(JIPA) JIPAは、2009年に環境技術移転のコンセプトをWIPOに提案しました。

10

GSアライアンス株式会社/関西広域連合

アライアンス gs

😭 同社の100%植物由来のプラスチックは、上記の問題を解決すると同時に、廃木材や竹といった安価かつ非可食性(人間が食用にしない植物)の材料を利用できる点が画期的である。 一般社団法人発明推進協会(JIPII) 発明推進協会は、WIPO GREENアドバイザリーボード会議において、仕組みの向上に向けて積極的に提言を行い、日本の環境技術開発、あるいは海外技術移転に関する専門諸機関とのネットワークを構築し、WIPO GREENの活用を推進しています。 NANO SAKURA その他の製品 ・カトラリー ・歯ブラシ ・皿、コップ ・ペットボトル ・ネイルチップ ・マスククリップ など 環境に優しいECO歯ブラシ 土に還るネイルチップ ネイルチップにカラーを載せたもの 土に還るプラスチックボトル 販売場所 : 楽天市場 Nano Sakura Shop URL: 【開発者の想い】 兵庫県川西市にあるGSアライアンスは、プラスチックごみ問題を今後絶対に避けては通れない社会課題とし、自然に還る生分解性プラスチックの開発・研究を続けてきました。

15

GSアライアンスが抗菌性を持つセルロースナノファイバー複合天然バイオマス系生分解性樹脂を開発!|GSアライアンス株式会社のプレスリリース

アライアンス gs

👎 WIPOと協力して、世界の環境技術の普及に貢献していきます。

16

違和感のない“紙ストロー”が実現!紙、パルプ製品の耐水性・耐久性・強度を高める天然成分100%のコーティング剤を開発|GSアライアンス株式会社のプレスリリース

アライアンス gs

👐 一方で、新型コロナウイルスの影響により、マスク、医療用ガウン、医療用防護服、手袋、フェイスシールドなどの石油系材料を用いるプラスチック製品が大量に生産、使用、そして廃棄されています。 富士通は、衛生環境を改善する本技術を開放してより多くの方に使われることにより、SDGs実現に貢献していきます。 石油ゼロ、天然バイオマス原料、廃棄後の排出なし、生分解性を兼ね備えた地球にやさしい新素材です。

9

WIPO GREENとの協力

アライアンス gs

💙 同社は今後も、塗料、コーティング材としての耐久性、硬度、耐摩擦性、粘度特性、分散性などの特性を向上、最適化させ、より特性の良い抗菌、抗ウィルス性を持つ天然バイオマス系生分解性塗料、コーティング材の開発、事業化の加速を目指すとしている。 主に環境、エネルギー分野向け最先端材料を研究開発、製造販売する化学会社です。

17

抗菌性、抗ウィルス性を持つ天然バイオマス系生分解性...

アライアンス gs

⚛ さらに、GSアライアンスは、天然バイオマス系成分だけを用いた汎用の成形機で量産できる生分解性樹脂も開発しました。 将来、同社のようなビジネスモデルが「カッコイイ」と評される時代になることを願いたい。 Global Mobility Service(GMS)株式会社 GMSは、従来のローンやリースの与信審査を通過できなかった人々でも、自動車を購入し、利用できるようするFinTechサービスを提供しています。

20

企業情報

アライアンス gs

📱 母体は、昭和13年創業の色材メーカーで、その4代目社長でもある森 良平が自社の商品も含め、今後もっと環境に配慮したものを、と「自然由来の、土に還る」素材にこだわって作っており、今後は、海洋問題とともに、食糧問題にも目を向け、非可食性の生分解性プラスチックでの製品づくりにも力を入れて参ります。 。 母体である冨士色素株式会社は色材ビジネスにおいて80年以上の歴史を持つ。

11

企業情報

アライアンス gs

⌚ これはプラスチックの薄膜に排気ガスを通すだけでCO 2とそれ以外のガスを分離し、回収したCO 2を資源としてリサイクルしようというものです。 マルチデバイス対応 スマートフォンの利用が当たり前になっている現在では、マルチデバイス対応は必須となってきています。 最近、レジ袋の有料化にともない話題に上ることの多いバイオ樹脂。

12